住宅寿命を延ばすには


一戸建て住宅を建てたり購入してその家に長く住み続けるには、住宅の構造や製法の違いはありますが、オーナーの心構えにより、見回りや点検、検査、修理や改修工事をすることが必要です。そうすることによって、住宅寿命が延びます。税法に定める建物の耐用年数は木造住宅では22年、鉄骨造で19年から34年、鉄筋コンクリート造と鉄骨鉄筋コンクリートでは47年とされています。しかし、実際には木造住宅でさえ、築年数が40年や50年経っていてもまだ十分に住まわれており、税法上の耐用年数は、一般的な資産価値を表すものであり、現実的な住宅の寿命とは別なこととなります。

メンテナンスや維持管理で大切なことは、住宅の劣化や、不具合、破損などは早い段階から発見し、早期対応をすることです。問題点の発見が遅くなるほど、被害や問題は大きくなってしまい、その修理や工事に対しての費用や時間、労力がかかります。

自分での点検はもちろん、数年に一度は住宅を施工した工務店やハウスメーカー、または自分の住宅とは全く関係のない建築士が建物点検を行う住宅診断サービスなどの業者に頼むと良いでしょう。第三者の専門家に点検や建物調査をしてもらうメリットは、利害関係がない立場で信頼が成り立ち、リフォーム業者などに改修工事をすすめられても適正な判断ができることです。